ケアマネジメント居宅介護支援)とは

居宅介護支援は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、ケアマネジャーが、利用者の心身の状況や置かれている環境に応じた介護サービスを利用するためのケアプランを作成し、そのプランに基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関との連絡・調整を行います。 
居宅介護支援は、特定のサービスや事業者に偏ることがないよう、公正中立に行うこととされています。

 厚生労働省 居宅介護支援より引用

 
● ケアマネージャーは、利用者の希望や心身の状態にあったサービス利用が出来るように導く窓口役になります。

ケアプラン(介護サービス計画書)とは

要支援要介護認定された本人家族希望に添った介護サービスを適切に利用できるように、本人家族心身状況や生活の環境などに配慮し、利用する介護サービス種類内容定めた「介護サービス利用計画」のことです。ケアプランは居宅介護支援事業者(ケアプラン作成機関)、ケアマネジャー作成依頼することができますケアプランは、利用者心身の状態の変化などに配慮し、常に適切なサービス利用できるように随時変更されます。

居宅介護支援サービスを受けられる方

○ 65歳以上の方で介護サービスが必要と認められた方
○ 特定疾患により、介護サービスが必要と認められた40歳~64歳の医療保険に加入されている方
※特定疾患とは、介護保険制度で対象となる16の疾患です。

当事業所サービス内容

○ 居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成
○ 介護保険や介護に関するご相談
○ 要介護認定の申請代行
○ 保険・医療・福祉・介護サービス事業者との連絡
○ サービスの評価と計画の変更
○ 給付管理
○ 関連機関と連携し、幅広いサービスのご提案 
○ 利用者、家族との相談 等

ご利用の流れ


在宅生活を支える様々な介護サービス

ケアマネージャーが、様々な介護サービスの窓口になります。ご本人やご家族が希望する生活が送れるように、サービスの相談・提案・計画を行います。